広島でロレックスを売るなら さくら鑑定

ロレックス買取販売 さくら鑑定

高く買い取る自信があります
0120-930-9370

広島市南蟹屋町1丁目3-39 マツダスタジアム前
営業時間 10:00~18:00

さくら鑑定 > ロレックスのうんちく > ロレックス > ロレックス ケースの素材

ロレックス

ロレックス ケースの素材

  • 2012年08月16日

 

ロレックスのケースやブレスレッドの素材もいろいろあります。

 

現在、主に使われている素材は、錆びにくく耐久性に優れているステンレススチール(SS)。

クロムやニッケルなどを鉄に混ぜた合金。

錆に強く腐食しにくいので最も多く使われています。

 

ピンクゴールド(PG)

ピンクがかった18金で、18カラットの金3に対して銅1、銀1、亜鉛1、ニッケル1を混合したもの。

ローズゴールド(RG)とも呼ばれることもある。

 

ホワイトゴールド(WG)

ゴールド素材の中でも最も高価な、白に近い色合いの金。

金75%、パラジウム25%の混合率が一般的。

 

イエローゴールド(YG)

イエローゴールドは、その名の通り黄色みの強いゴールド。

金3、銀1、銅1の割合が一般的。

 

プラチナ(PT)

時計の素材で使用される貴金属の中ではイエローゴールドと同等の最高級素材で、白金とも呼ばれる。

加工がしやすく耐錆性、耐蝕性に優れている。

 

プラチナやゴールドの素材でできていると、お値段もかなり高額なものになります。

 

 

 

 

こんな商品、高く買取ります。

さくら鑑定
広島市南区南蟹屋1丁目3-39
マツダスタジアム前(MAP)
Free 0120-930-937
【営業時間】10:00~18:00
【買取受付時間】10:00~18:00
【定休日】日曜日・祝日
ページ上部へ